歯ブラシの種類

むし歯を予防するために、歯の形や磨く力に合わせて様々な歯ブラシがあります。
その中の代表的なものをご紹介します。

一般的な歯ブラシ

歯ブラシ(普通)
歯ブラシ(普通) 歯ブラシには「やわらかめ」と「普通」があります。やわらかいのは歯茎の中に毛先が入るので歯肉炎や歯槽膿漏の方に最適な歯ブラシです。
歯ブラシ(小ヘッド)
歯ブラシ(小ヘッド) 口腔内カメラで撮影した写真をモニターに写して、お口の中の状態、様子を確認していただきます。
プラウト
プラウト お口の一番奥の歯をみがきやすい形状となっています。親知らずや歯と歯の間が磨きやすくなっています。矯正中の方もご使用いただけます。

磨き方のコツ

  • ブラシの角度は歯の表側は歯に直角に、裏側は歯に約 45 度にし、歯と歯ぐきの境目に当てて、小刻みに横に振動させましょう。1~2本ずつていねいにみがくようにすると、歯と歯、歯と歯ぐきのすきまの歯垢をかき出すことができます。
  • ブラッシングは、歯ブラシの毛先が歯と歯の間に入るようにし、あまり力を入れすぎず、シャカシャカという感じで歯垢をかき出すのがコツ。
  • 歯ブラシはよけいな力が入らないように持ちます。ペンを持つように、親指、人差し指、中指で柄を持つとよいでしょう。

表側(頬側) 裏側(舌側)裏側(舌側)

補助的清掃用具

以下は補助的清掃用具と呼ばれ、ブラッシングだけでは歯と歯の間の歯面の歯垢は除去できない場合に用います。歯ブラシと併用することで完全な歯磨きになります。

デンタルフロス

デンタルフロス 歯と歯の間は歯垢が溜まりやすく、むし歯の原因となりやすい場所です。毎夕食後の使用をオススメします。使用後には通常通りに歯ブラシをしてください。
磨き方のコツ
磨き方のコツ デンタルフロス(糸楊子)か歯間ブラシを使用して、隣接歯面を清掃する。

歯間ブラシ

歯間ブラシ デンタルフロスよりも柄が付いている分、使用しやすくなっています。お口の 状態に合わせて最適なサイズをお選びください。
磨き方のコツ
磨き方のコツ 歯と歯との間が開いていない場合はデンタルフロス、開いている場合は歯間ブラシを使用する。


けんじ歯科|インプラント・歯周外科治療|長崎