インプラント

インプラント治療について

従来の治療はこうでした

ブリッジ 部分入れ歯 総入れ歯
抜いた歯の周りの健康な歯を削って、かぶせ物を装着します。咬む力がかかった時には周囲の歯にかかる負担が大きく、歯を弱らせる原因となります。 部分入れ歯を固定する為に健康な歯に針金を引っ掛けます。見た目にも審美性が悪く、引っ掛けている歯に負担がかかり、歯を弱らせる原因となります。 総入れ歯の場合、入れ歯がズレたり、食べ物が内側に入って痛くなる場合があります。また、満足する噛み心地は得難いでしょう。

↓

いずれにしても歯の本来持つ機能であるご飯を食べる時の「噛みごたえ」や「上手く噛める状態」は望みにくい状態になります。

インプラント治療とは

インプラントインプラント治療とは、100%に近い純チタンでできた人工の歯の根っこ(インプラント体)を歯のなくなった部分の骨に埋め込み、抜いてしまった歯の根の代わりを作ります。 その上に差し歯の要領で歯を作ってゆきます。
もう一度ご自分の歯を作るようなものですから、咬み心地はほぼご自分の歯と同じです。

歯にとってよくないパターン

ムシ歯になる
↓
歯に小さな詰め物をする
↓
隙間から、またムシ歯になる
↓
大きく歯を削る
↓
隙間から神経が腐る
↓
神経を取る
↓
かぶせ物をする
↓
歯そのものが弱くなる
↓
歯を抜く
↓
ブリッジをつくる
↓
両サイドの歯が負荷により弱くなる
↓
両サイドの歯もダメになる
↓
部分入れ歯をつくる
↓
奥歯に引っ掛けた歯もダメになる
↓
また抜く!
↓
総入れ歯になる!


けんじ歯科|インプラント・歯周外科治療|長崎