歯周病

歯周病について

歯周病や虫歯の原因となる歯垢(プラーク)はたくさんの細菌がつくるバイオフィルムです。

>歯周病や虫歯の原因となる歯垢(プラーク)はたくさんの細菌がつくるバイオフィルムです。
歯垢(プラーク)はたくさんの種類の細菌がフィルム状(うすい膜状)になった集合体で、歯と歯ぐきの境目や歯周ポケット内に強固に付き、歯ブラシ等では簡単には取り除けません。

  1. 歯周病の場合、バイオフィルムが歯の表面や歯周ポケット内に存在すると周囲に炎症が生じます。放っておくと、歯ぐきが腫れ出血し、膿が出てきて、歯周病が進行します。唾液等の働きにより、歯垢にカルシウムが沈着し石のように固まったものが歯石です。この歯石が歯周ポケット内にあると、歯周病を悪化させます。早めに除去し、健康な歯茎を取り戻しましょう。
  2. 歯石は除去しても12~16週(3~4ヶ月)もすればまた作られると言われています。ですから歯科医院にて歯科衛生士による専門的な機器器具を使った定期的な除去をお勧めします。

日本人は80歳で平均して4~5本の歯しか残っていない事実をご存じですか?

日本人は80歳で平均して4~5本の歯しか残っていない事実をご存じですか?
その歯の抜ける原因としては、むし歯と歯周病によるものが大多数を占めますが、近年その歯周病によるものが増えています!
歯周病の一番の原因はプラーク(歯垢)と呼ばれる物質です。
歯についた食べかすを栄養源にして、ほんの2、3分から数分で、口腔内細菌が増殖してプラークという細菌の塊に変化します。それらが産出する酸、毒素や酵素によって歯周組織に炎症をおこし、歯周病となります。

これがプラークです! 拡大すると細菌のかたまりです!
これがプラークです!
拡大すると細菌のかたまりです!
キャー!気持ち悪い~と悲鳴が聞こえてきそうですが、実はこれがプラーク(歯垢!ついつい食べかすと勘違いしてしまいますが、実は細菌の塊なんですね! お口の中にこんな細菌が密集しているなんてびっくりですね。

歯周病は生活習慣病

歯周病は生活習慣病
歯周病は、今まで徐々に進行するといわれていました。最近では、急に悪くなる時期(勃発期)と静止期を繰り返しながら進行していくことがわかっています。そこで勃発期に感じる変化に十分注意し、早めに歯科医に相談し、治療を受けることが大切です。
歯周病の直接の原因はプラークがたまることからはじまります。プラークは食べ物のなかの糖分と誰の口の中にもある細菌によってでき、プラークの90% 近くが細菌です。また歯周病が進行してできる歯周ポケットの内側には、1mg(湿重量)あたり400種、1億個以上の細菌がいて体との間で、免疫応答といわれる戦いが繰り広げられます。抵抗力が弱まれば、全身にいろいろな症状があらわれてきます。
ですから歯周病を予防し、進行を防ぐには、まずプラークをためず、歯周病を進行させないことが大切です。また生活習慣を改めることも、大きなポイントになります。



けんじ歯科|インプラント・歯周外科治療|長崎