インプラント治療の基本的な流れ

1.診査・カウンセリング

レントゲン撮影
●模型の製作
●レントゲン撮影
●歯ぐきの治療
●CT撮影(必要な方)
● ご持病などお体のチェック
●納得されるまでのカウンセリング

↓

2.一次手術

一次手術
一次手術では、骨にインプラントを埋め込み、蓋を取り付けて粘膜を閉じます。
通常、この手術がインプラント手術と呼ばれるものです。
また埋入条件がクリアされた場合は、手術当日に仮歯をつけることができます。

↓

3.二次手術

二次手術
インプラントが骨に固定された後(2~6カ月)、2次手術で粘膜を開けて、歯肉を貫通する背の高い蓋にとりかえます。

↓

4.仮歯装着

二次手術
治癒したところで、仮歯を作り、実際に使用していただきながら形態や装着感、かみ合わせなどを確認し、最終人工歯の作成に向けてのデータを集めます。

↓

5.最終的な歯の装着

最終的な歯の装着
最終的な人工歯の型をとり、歯並びや色をチェックして装着し、治療が完成です。

↓

6.メンテナンス

メンテナンス
新しくできたご自身の歯を長持ちさせるために4カ月に一度検診に必ずご来院されて下さい。



けんじ歯科|インプラント・歯周外科治療|長崎