オーバーデンチャー

インプラントで固定する「ずれない」入れ歯!!

オーバーデンチャー」とは、通常2本のインプラントに、とり外し式の入れ歯を固定する方法です。通常の総入れ歯をお使いになられて「ずれる・外れる」「痛い」「しっかりかめない」などとお悩みの方、骨量が不足していてインプラント治療ができないと言われた方などに最適な治療法です。

(とり外しが必要です)

オーバーデンチャーオーバーデンチャー

当院では、下顎の場合、ボールタイプと呼ばれるヘッド部分が丸くボール状の細いインプラントを使用します。入れ歯の裏側に特殊な金具をつけ、ホックで留めるように入れ歯とインプラントを連結して固定します。

オーバーデンチャーの特長

メリット1

通常の入れ歯と違い、インプラントをいれた箇所で強固に固定ができるので、入れ歯の浮き上がりを抑え、ガタつくことなく、しっかりとかめます。  

メリット2

「オール オン 4」と比較して少ない本数のインプラントですみますので、経済的です。また機能修復治療時間が軽減できます。 

メリット3

とり外しができるので、メンテナンスが簡単です。

メリット4

埋入したインプラントが歯根の役割を果たすことで、周りのあごの骨が痩せてしまうのを抑制する働きがあります。

入れ歯が安定しなくなるのは何故?

看護師
噛むことによる圧力が顎の骨に伝わらなくなると、骨細胞が退化し、 やせ細っていきます。入れ歯は天然歯に比べて噛む圧力が6割ほど低下します。なので、長年入れ歯を使用されていたり、あわない入れ歯を我慢して使われたりすると、顎の骨が徐々に痩せ細ってしまい、入れ歯が安定しなくなるのです。



けんじ歯科|インプラント・歯周外科治療|長崎