あごの骨にかかわる手術

ソケットリフト

上あごの骨
上あごの骨の上には、上顎洞と言って頭蓋骨の中に穴の開いた部分(空洞)があります。
通常のインプラントは、上顎洞の下の骨の部分に埋め込むわけですが、そこの骨が足りない場合にソケットリフトとよばれる手術をする必要があります。

ソケットリフトの流れ

ソケットリフトとは、上あごにインプラントを施す場合に行う治療方法です。
ソケットリフトの流れ
(持ち上がった上顎洞の部分は、4~5カ月で骨に代わります。)

骨造成

歯槽骨は骨を支えるための骨で、歯がなくなると急速に衰え吸収されていきます。骨造成とは、歯周病等で骨が失われた部位に骨の再生を図る治療のことです。インプラントを行うにあたり、インプラントを植立するための骨幅や骨の高さがない場合におこないます。

骨造成の流れ

骨造成の流れ

メンブレンと呼ばれる特殊な膜で、骨を作りたい場所を覆います。骨をつくる場所には、人工の骨補填剤を入れておきます。そこに、骨芽細胞が集まり、骨ができます。約4~5カ月で新生骨ができあがりです。



けんじ歯科|インプラント・歯周外科治療|長崎