歯ならびとかみ合わせ

歯ならびとかみ合わせと健康

歯ならびとかみ合わせは全身の健康に大きな影響を与えます。

歯ならびとかみ合わせは全身の健康に大きな影響を与えます。

歯ならびが悪ければ、噛み合わせがわるくなり、
それを専門的に不正咬合(ふせいこうごう)と呼びます。
では、歯ならびや噛み合わせに問題があると、どういったことが起きるのでしょうか?
歯ならびが悪いと次のような悪影響が現れることがあります。

集中力が落ちる

よくかめないことが、脳に刺激が伝わらないことの原因になります。

脊髄・骨盤など全身がゆがむ

片方でかむくせがつくと、あごの関節がゆがみ、頭蓋がゆがみ、全身にゆがみがあらわれる原因になります。

胃腸病などの内臓疾患

よくかめないことが、胃腸に負担をかけます。

歯周病・むし歯

物理的に磨きにくい箇所がでてくることが原因になります。

肩こり・腰痛・頭痛

片方で噛む癖が原因になります。

コンプレックス

人前でおおきな口をあけて笑うことができないなど、知らず知らずのうちに消極的な性格になっていることがあります。



けんじ歯科|インプラント・歯周外科治療|長崎